しまなみ満喫フルコース3泊4日
羽田発着千歳発着

MAP

コースの特徴

・余裕のある出発・到着時刻
・秘密基地のような尾道市街地でたっぷり散策
・大久野島でうさぎまみれ
・しまなみ海道の中心、大三島に宿泊
・来島海峡大橋でサイクリング

ウルトラガイド
旅行プランをお申し込みの方に
このコースの詳しい行程表をお送りします。


モデルコース

行程 参考 内容
1日目 (9:30頃)札幌千歳空港発飛行機(11:05頃)羽田空港着(乗継)
(13:15頃)羽田空港発飛行機(14:35頃)広島空港着
  広島空港到着後レンタカーに乗車。
昼食:羽田空港にて
(15:00頃)広島空港発レンタカー(15:10頃)尾道着徒歩 走行約40km
所要約40分
尾道では千光寺公園駐車場に駐車し、徒歩で秘密基地のような斜面エリアを下りながら散策。
散策後は千光寺ロープウェイ(登り)で駐車場に向かう。
ホテルチェックイン   夕食は尾道ラーメン。
尾道
尾道
尾道
尾道
尾道ラーメン
尾道ラーメン
2日目 (8:00頃)尾道発レンタカー(8:45頃)盛港着 走行約41km
所要約45分
しまなみ海道を走って、大三島の盛港に向かう。
車は盛港に駐車(無料)し、フェリーに乗船。
(9:00)盛港発フェリー(9:13)大久野島着徒歩   大久野島(うさぎ島)観光(参考ページ
昼食:休暇村大久野島にて
(12:42)大久野島発フェリー(12:55)盛港着    
(13:00頃)盛港発レンタカー(13:15頃)大山祇神社着徒歩 走行約8km
所要約12分
大山祇神社参拝(参考ページ
大三島美術館見学(参考ページ
昼食:大山祇神社周辺にて
(15:30頃)大山祇神社発レンタカー(15:40頃)伯方塩業大三島工場着 走行約2km
所要約5分
伯方塩業大三島工場見学
伯方の塩ソフト(参考ページ
(16:40頃)伯方塩業大三島工場発レンタカー(16:45頃) マーレ・グラッシア大三島着 隣接 マーレ・グラッシア大三島で海水温浴 (参考ページ
(18:00頃) マーレ・グラッシア大三島発レンタカー(18:05頃)旅館さわき着 走行約2km
所要約5分
大三島宮浦の旅館さわきで宿泊と夕食(参考ページ
大久野島
大久野島
大山祇神社
大山祇神社
旅館さわき
旅館さわき
3日目 (9:00頃)旅館さわき発レンタカー(9:10)ミュージアム2館 走行約8m
所要約10分
伊東豊雄建築ミュージアム(参考ページ)、ところミュージアム(参考ページ)を見学します。
(10:20)ミュージアム2館発レンタカー(10:25)母と子のミュージアム着 走行約2km
所要約3分
今治市岩田健母と子のミュージアム(参考ページ)を見学します。
(10:50)母と子のミュージアム発レンタカー(11:20)多々羅しまなみ公園着 走行約17km
所要約30分
多々羅しまなみ公園で休憩
(12:00頃)多々羅しまなみ公園発レンタカー(12:20頃)能島水軍着 走行約15km
所要約20分
能島水軍(参考ページ)にて昼食と観潮船に乗船後、村上水軍博物館(参考ページ)を見学します
(15:00頃)村上水軍博物館発レンタカー(15:50頃)タオル美術館ICHIHIRO着 走行約35km
所要約50分
タオル美術館ICHIHIRO(参考ページ)の見学とタオル製品のショッピング。
(17:20頃)タオル美術館ICHIHIRO発レンタカー(17:45頃)鈍川せせらぎ交流館着 走行約17km
所要約25分
鈍川せせらぎ交流館(参考ページ)で入浴。
(18:30頃)鈍川せせらぎ交流館発レンタカー(18:50頃)今治着 走行約12km
所要約20分
 
ホテルチェックイン   夕食は今治名物の鉄板焼き鳥
来島海峡観潮船
能島水軍潮流体験
タオル美術館ICHIHIRO
タオル美術館ICHIHIRO
鈍川せせらぎ交流館
鈍川せせらぎ交流館
4日目 (8:00頃)ホテル発徒歩今治城散歩   ホテルから今治城へ散歩に行きます。(参考ページ
(9:30)ホテル発レンタカー(9:45頃)サンライズ糸山着自転車 走行約7km
所要約15分
来島海峡大橋をサイクリング
参考ページ
昼食は風のレストラン(参考ページ)で。
(12:50頃)サンライズ糸山発レンタカー(15:20頃)広島空港着 走行約98km
所要約90分
レンタカー返却。
広島空港にて夕食。
(15:20頃)広島空港発飛行機(16:45頃)羽田空港着(乗継)
(18:00頃)羽田空港発飛行機(19:30頃)札幌千歳空港着
   
今治城
今治城
風のレストラン
風のレストラン
来島海峡大橋
来島海峡大橋

Top > 何をする? > しまなみ満喫フルコース


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部