雑兵

グルメ 尾道

地元客で賑わう自家製麺のラーメン店


あまり目立たない小さなお店です

 雑兵は尾道市役所のすぐそばにあるラーメン店。オープンは2008年で、それ以来ここでずっと営業しています。店主の鎌倉さんは尾道市出身ですが、大阪に出ていろいろな飲食品店で働いていました。尾道に戻ってきてからは居酒屋を開店。30年近く営業を続けて、このラーメン店をオープンしました。居酒屋からラーメン店に転身した理由を聞いてみると「毎日行列ができるラーメン店を見てると、ね」と笑いながら話してくれました。

 雑兵という名前の由来は大阪時代に参加していた草野球チームの名前から取られています。カウンター席が中心で、目の前のラーメンに集中できる環境なのは、ワイルドな店名に通じるものもあるのでは?と余計なことも考えてしまいます。ちなみに以前の居酒屋も同じ店名だったそうです。お客さんは地元の人が5割ぐらいという地域密着型のお店です。


カウンター中心の店内

調理中の店主

尾道しょうゆラーメン


尾道しょうゆラーメン

 メニューで、最も大きな文字で書かれている尾道しょうゆラーメンは、店主が昔よく食べていた味を再現しています。「出汁はいりことか思い浮かぶものがすべて入ってるよ」と話す店主。そもそもラーメンは居酒屋時代から自己流で作ってきたメニュー。尾道ラーメンとしては後発なので、様々な試行錯誤と工夫をこらし、味には絶対の自信があります。麺は自家製の平麺で奥さんが毎朝打っています。小麦粉が薫るこだわりの仕上がりで、背脂のコクを加えたスープがよくからみ、お互いを引き立て合います。チャーシューももちろん自家製。柔らかな食感で香り豊か。ラーメンの満足度を引き上げてくれますよ。

居酒屋時代の人気メニューも


焼ソバ

 尾道しょうゆラーメンの次に大きな文字で書かれているのは、なんと焼ソバ。「なぜ焼ソバなのですか?」と聞いてみると「居酒屋雑兵と言えば焼ソバで、1グループで1つは必ず注文がある人気メニューだったんだ」と胸を張って自信満々の答えが飛び出します。その言葉通り、強火でシャキッと炒められ甘みの出たキャベツに、厚切りの手作りチャーシューが香ばしさを加えます。ラーメンよりも自家製平麺の風味がストレートに楽しめる絶妙なバランスです。地元の人がよく注文する必食メニューのひとつです。

 最近若い子に人気、と話してくれたのがピリカラホルモンラーメン。女性向けにと開発されたメニューで、地元の高校生の間で密かなブームになっているそう。これも居酒屋時代のメニューであったキムチ鍋をアレンジしたもので、中華鍋で野菜とホルモンを強火で炒め、食欲をそそるほのかに赤いピリカラのスープを投入。もわもわとした湯気の立つ平麺に豪快にかけてできあがり。野菜の香ばしさとホルモンのコクが、辛めのスープとよくあい、クセになる味わいですよ。さらにもう一品欲しいなという時には、パリッとした薄い皮のギョーザがぴったりです。

 雑兵は尾道ラーメンの有名店が密集するエリアにあります。旅行者が行列を作る有名店もいいですが、地元で人気のこのお店もぜひ訪れてみてください。


店内のメニュー表

ピリカラホルモンラーメン


施設名 雑兵
カテゴリ グルメ
エリア 尾道
住所 広島県尾道市十四日元町3-23
電話 0848-37-6755
料金 尾道しょうゆラーメン 550円
焼ソバ 700円
ピリカラホルモンラーメン 680円
ギョーザ 380円
※上記価格は取材時のものです。
営業時間 11:00-19:00頃
火曜休
交通

JR尾道駅から約1.2km
徒歩約20分、自転車約5分

Loading...
インタビュー
店主 鎌倉均さん
店主 鎌倉均さん

 工夫を重ねて生み出したラーメンと自家製麺が特徴です。やはり食べてもらわないと良さがわからないので、ぜひ一度来て味わってみてください。

Snapshot

調理中の店主

焼ソバ

ピリカラホルモンラーメン

ギョーザ

取材日:2015年3月5日 | Top > どこに行く> 広島側陸地部 > 雑兵


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部