因島水軍城

観光・見学 因島

因島村上水軍


因島水軍城入口

 因島、能島、来島にあった村上三家は、14世紀に因島を支配した村上師清が祖になっているとも言われ、因島には24の城があったそうです。因島水軍城がある場所は、片刈城の家老の居宅跡と言われています。城の向かい側にある山にも青陰城があり、海を見張るために、島中に城や見張所があったことがわかります。

 この因島水軍城は、金蓮寺の住職が、因島村上水軍の資料館と因島を代表する観光地を作ろうと構想したもので、昭和58年(1983年)に完成しました。金蓮寺の北にある小高い山の上にあり、資料館は城の形をしています。この外観は歴史家の奈良本辰也氏が監修したもので、本丸は水軍資料館、二の丸は展示室、隅櫓は展望台となっています。


因島水軍城山門

水軍資料館

水軍資料館


大阿武船の模型

 水軍資料館でまず目に留まるのは、戦国時代末期に水軍で使われていた大阿武船の模型です。排水量は200トンを越える巨大なもの。また、上の文字が書かれた上り旗は、「上」の漢字の左側下が撥ねられているのが因島村上水軍の証。旗の上部にある横線が少ないほど位が高い印です。

 資料館の入り口付近にある松山藩の地図では、村上三家の拠点が瀬戸内海を塞ぐようにあることがわかり、海上における重要な関所の役割を果たしていたことを知ることができます。村上吉充が小早川隆景より拝領した白紫緋糸段縅腹巻や、海を拠点に活躍した集団らしく、珊瑚や貝殻をモチーフにした兜などもあります。また武具の他にも、中国より持ち帰った絹本着色涅槃図を始め、村上家古文書、金蓮寺在銘瓦、大塔宮令旨、山繭で織られた村上水軍旗等、因島村上水軍に関係する貴重な歴史資料が多数展示されています。

 二の丸では、人形を使って再現した水軍戦法会議が展示されていて、勇姿を見ることができます。また、取材時の隅櫓では因島水軍まつりのパネル展示があり、お祭りの盛り上がりを見ることができました。


松山藩の地図

白紫緋糸段縅腹巻

貝殻をモチーフにした兜

ジオラマ展示

水軍資料館の内部

隅櫓内部の展示

こちらも必見です


村上水軍の墓地

 村上水軍城を見学した後に寄ってほしいのが金蓮寺の本堂裏です。ここには村上水軍の墓地があります。この寺は村上氏の菩提寺で、以前は外浦の谷間にあったものを現在の場所に移し、同時に因島各地にあった石塔類を裏山に集めたと伝わっています。墓銘は読めなくなっていますが、歴史を感じる宝篋印塔や五輪塔が立ち並びます。


金蓮寺

村上水軍の墓地


施設名 因島水軍城
カテゴリ 観光・見学
エリア 因島
住所 広島県尾道市因島中庄町3228-2
電話 0845-24-0936
料金 大人 310円 小中学生 150円
営業時間 9:30-17:00
木曜・12月29日~元旦休
正月期間は営業時間変更有
交通

土生港から約6km
車で約10分 自転車で約30分

WEB 公式HP
Loading...
インタビュー
スタッフ 大谷裕子さん(右)
スタッフ 宮田淳子さん(左)
スタッフ 宮田淳子さん

 因島水軍は元は海賊衆でしたが、小早川家と共に戦うことで強固な組織を作り、瀬戸内海を代表する大名へと変貌を遂げました。その移りゆく歴史をゆっくりとご覧ください。

Snapshot

水軍資料館

波をモチーフにした兜

二の丸

隅櫓

因島水軍城から金蓮寺を望む

金蓮寺への遊歩道

取材日:2015年2月2日 | Top > どこに行く> 広島側島嶼部 > 因島水軍城


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部