大浜崎灯台

観光・見学 因島

1894年に作られた灯台


検潮所から大浜崎灯台を望む

 多島美で知られる瀬戸内海は、大小多くの島々があるため、航路としては水路が狭く屈曲していて、潮の干満時には潮流が速く操船の大変むずかしいところです。特に関門海峡、来島海峡、鳴門海峡は潮流の速い海峡として有名です。現在、因島大橋が跨いでいる布刈瀬戸は、来島海峡を通らずに東西を行き来できる本州寄りの航路として、高根島や大久野島などの島々と共に灯台が整備されました。

 大浜崎灯台が完成したのは明治27年(1894年)5月ですが、現在でも布刈瀬戸を航行する船を導いています。高さは9.3mと小振りなサイズ。瀬戸内海の青と緑に映える真っ白な外観で布刈瀬戸の美しい風景を演出しています。光度は3,500カンデラで、13.5海里(約25km)まで光が届きます。


大浜崎灯台

大浜崎灯台銘板

日本でここだけに残る木造の信号所


大浜崎船舶通航信号所

 明治43年(1910年)4月には、船舶の安全のために大浜崎船舶通航信号所と大崎浜潮流信号所が作られました。これらはレーダーや通信手段のなかった時代の船に、船舶交通状況や潮流を光や印で伝えるもので、昭和29年(1954年)4月まで業務が行われました。

 大浜崎船舶通航信号所は3つの白い塔が特徴的な建物で、現在は灯台記念館として使用されています。建物内への入場はできませんが、現役時代に使われていた機械などが展示されていて窓越しに見ることができます。この建物は2005年度には土木学会選出の選奨土木遺産に認定され、2011年には広島県指定重要文化財にも選定されています。


大浜崎船舶通航信号所

窓越しに展示物が見えます

信号柱(旗竿)とガスタンク

建物裏側

瀬戸の絶景・・検潮所


検潮所

 大浜崎船舶通航信号所の裏から竹林の中を少し歩くと、浜辺から突き出した橋の先に検潮所が残っています。この中には布刈瀬戸の潮流の流れや潮の高さを測定する自記検潮器があり、毎日測定を行っていました。穏やかな瀬戸の海に佇む姿は、一幅の絵のようです。検潮所から振り向くと因島大橋と大崎浜灯台が同時に見えますよ。


検潮所

検潮所


施設名 大浜崎灯台
カテゴリ 観光・見学
エリア 因島
住所 広島県尾道市因島大浜町
交通

土生港から約10km
車で約15分 自転車で約1時間

Loading...
Snapshot

施設入口

施設内の様子

大浜崎船舶通航信号所

長太夫灯標旧灯ろう

灯台から見た検潮所

貯水槽

取材日:2015年2月2日 | Top > どこに行く> 広島側島嶼部 > 大浜崎灯台


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部