大三島ふるさと憩いの家

宿泊 大三島

廃校リニューアル50選


平屋校舎と石碑

 大三島ふるさと憩いの家がある宗方地区は、大三島でも一番今治に近いところにあり、しまなみに橋が架かる前は、宗方港には今治と大三島や大崎上島を結ぶフェリーが頻繁に寄港していました。今では便数も少なく、ひっそりとした佇まいの集落となっています。

 この施設は、昭和61年に廃校になった旧大三島町立宗方小学校を、ほぼそのままの形で宿泊施設に改装したもので、文部科学省の廃校リニューアル50選に選ばれています。宿泊施設としてスタートしたのは昭和63年。平成9年からは、地元出身の藤原さん夫妻が、今治市から物件を借りる形で運営を行っています。


長い廊下

芝生の校庭

昭和がいっぱいつまった空間


2人用個室にある校長室の掛札

 大三島ふるさと憩いの家の最大の特徴は、廃校となった小学校の木造校舎をそのまま使っていること。耳をすませば、小学生の元気な声が聞こえてくるようです。開放型の長い廊下がある平屋建ての校舎は、田舎の小規模な学校の定番。夜のとばりがおりて長い廊下に電燈が灯ると、まるで昭和の時代にタイムスリップした感覚になります。

 また校庭のすぐ向こうは海なので、夜、寝静まった頃には潮騒が聞こえてきます。まるで小学生時代に戻って、島の小学校でキャンプしているような錯覚を感じます。


いたるところに昭和がある

教室を改装した大部屋

料理自慢の宿


波の穂コースの夕食

 大三島ふるさと憩いの家を運営している藤原大成さんは、大三島の有名旅館「茶梅」の大将のお兄さん。地元の新鮮な食材を使った夕食は、格安の宿からは想像もできない本格派です。大三島島民のおもてなしの心がぎゅっと詰まっています。リーズナブルな一般コースと、ハイグレードな波の穂コースがありますが、波の穂コースでも一泊2食付で8,500円(税別)。獲れたばかりの海の幸をたっぷり使った料理は、きっとしまなみ旅行の思い出になることでしょう。

 また、地元ならではの魚介類を使ったお刺身なども、事前予約することができますので、お問合わせください。

 夏場に見逃せないのは海鮮バーベキュー。校庭でわいわい楽しむバーベキューは、きっと心に残ります。ご希望の方は予約時にお知らせください。

※海鮮バーベキューは年中可能です。食材を持ち込むときは事前にご相談ください。


一般コースの夕食

刺身盛り合わせの追加も可能

夏は海遊びの基地になる


校庭前の砂浜

 校庭のすぐ向こうは砂浜。この海域は波が穏やかで水質もよく、海水浴にはぴったりです。水着のままで浜辺に直行できます。正面には来島海峡大橋を望む景色の良さも特筆ものです。

※日中の施設の利用については予約時にお問合わせください。


施設名 大三島ふるさと憩いの家
カテゴリ 宿泊
エリア 大三島
住所 愛媛県今治市大三島町宗方5208-1
電話 0897-83-1111
料金 ※予約必須
一泊2食付き 6,000円から
一泊朝食付き 4,500円
素泊り 4,000円
※税別
※料金は取材時のものです。
チェックイン 16:00
交通 大三島ICから約18km
車で約25分
自転車で約90分
WEB 公式HP
施設提供写真の二次利用はお断りします。
Loading...
インタビュー
支配人 藤原夫妻
責任者 支配人 藤原夫妻

 廃校となった小学校の木造校舎をそのまま使った宿です。そのノスタルジーが若い方には新鮮に感じられることでしょう。ゆっくりと一泊を楽しんでください。

Snapshot

エントランス

食堂や個室がある棟

6~8畳の個室

バーベキュー場

来島海峡大橋が見える

敷地内にある岩田健母と子のミュージアム

取材日:2014年12月18日 | Top > どこに行く> 愛媛側島嶼部 > 大三島ふるさと憩いの家


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部