伯方塩業大三島工場

見学・観光 大三島

今では全国区の塩ブランド


工場全景

 「は!か!た!の!しお!」のCMで有名な伯方塩業株式会社。瀬戸内海に浮かぶ一周16kmほどの伯方島が創業地です。メキシコまたはオーストラリアの天日塩田塩を、穏やかで澄んだ瀬戸内海の海水に溶かして原料とし、環境に負荷をかけず、ほどよいにがりのある塩をつくり続けています。化学薬品を一切使わない「伯方の塩」は、そのうまさ、安全性、品質で今や全国区の塩ブランドに成長しました。

 ところで、一度聞いただけで覚えてしまう力強いフレーズは、1990年頃よりCMで使われ始めてから、今では「伯方の塩」の代名詞というくらいに広まっています。最近は替え歌やパロディにも使われていますね。


正面玄関

看板

5万人の思いが込められた塩


伯方塩業創業の地(伯方島)

 瀬戸内海沿岸は、その気候のため昔から製塩業が盛んでした。しかし、1971年に「塩業近代化臨時措置法」が施行され、イオン交換膜製塩法でつくる塩化ナトリウム100%に近い塩のみを製造販売することが決まり、塩田で塩がつくれなくなってしまいました。食べるための塩を工業的につくることに疑問を抱いた人々が声を上げ、5万人の署名を集めて国会に陳情するなどの運動を続けました。そして1973年には、運動の中で製造会社を作る必要が出て伯方塩業株式会社を設立。特殊用塩(自然塩)の製造を専売公社に申請し、委託認可を受け、条件付きで塩の製造ができるようになりました。

 それからは、安全でほどよくにがりが残る食用に適した塩をつくり続けてきましたが、 1997年には塩専売法が廃止され、海水からの直接製塩ができるようになしました。伯方塩業では2010年に、1950〜70年代に使われていた流下式枝条架併用塩田を復活させて、瀬戸内の海水のみでつくる「されど塩」の製造販売も工場の売店とネットショップで開始しました。

製塩工場の見学


工場見学

 大三島工場では気軽に工場見学ができるようになっています。まずは入り口から通路の最も奥に行き、入り口に戻ってくる流れで見学スタートです。奥にある自然乾燥中の山積みの塩には、釘付けになってしまうこと間違いなし。山積みの塩がまんべんなく乾燥するように、上下を入れかえる作業も見ることができます。各コーナーには音声解説も準備されていて、製塩の様子がよくわかります。

 また工場の敷地内にある流下式枝条架併用塩田も見学できます。なお駐車場は工場と塩田のどちらにもあります。塩田を見学すると塩田を利用してつくった「されど塩」の記念品がもらえますよ。

※工場見学は無料です。
※工場見学カレンダーや見学上の注意点は公式HPでご確認ください。
※10名以上で見学する場合は、事前申し込みが必要です。


見学通路入口

分かりやすい説明

流下式枝条架併用塩田

流下式枝条架併用塩田

ここでしか味わえないソフトクリーム


伯方の塩ソフトクリーム

 工場見学が終わったら味わいたいのが伯方の塩ソフトクリーム。似たような名前のソフトクリームは数あれど、ここがオリジナルで、ここだけでしか食べることができません。できあがったソフトクリームに、フルール・ド・セルという大粒の塩をぱらぱらっと振りかけてくれるのが驚きの演出です。ソフトクリームの甘さを穏やかな塩が引き立ててくれて病み付きになる味わいです。美味しさの秘密は売り場に掲示しているので、現地で確認してくださいね。ボリュームもたっぷりです。夏はもちろん、冬でも大人気! 噂の塩コーヒーもここでいただけます。

 またショップコーナーも見逃せません。定番の粗塩や焼塩はもちろん、塩羊羹や塩チョコなどのお菓子から雑貨類まで、自分用にお土産にと目移りしてしまいますよ。塩田塩の「されど塩」もこちらで購入可能です。


ショップコーナー

されど塩も購入可能


施設名 伯方塩業大三島工場
カテゴリ 見学・観光
エリア 大三島
住所 愛媛県今治市大三島町台32
電話 0897-82-0660
料金 見学無料
伯方の塩ソフトクリーム 300円
※料金は取材時のものです。
営業時間 9:00-15:30
※見学受付時間
交通 大三島ICから約8km
車で約10分
自転車で約40分
WEB 公式HP
施設提供写真の二次利用はお断りします。
Loading...
インタビュー
工場案内課 課長 赤瀬秀明さん
工場案内課課長 赤瀬秀明さん

 塩は普段どの家庭でも使われている、なくてはならないものです。こちらの工場では製造過程を見学することができます。当社の塩の品質を、ぜひ直接お確かめください。

Snapshot

工場見学の音声案内ボタン

味見ができます

ウワサの塩チョコレート

Tシャツや雑貨も

ゲストノートを書こう

工場・塩田見学の記念品

取材日:2014年12月18日 | Top > どこに行く> 愛媛側島嶼部 > 伯方塩業大三島工場


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部