亀老山とカレイ山

見学・観光 大島

亀老山展望公園


来島海峡の夕暮れ

 亀老山は大島の南部にある標高307.8mの山です。山名のいわれは、1,300年ほど前に旅の僧侶が大島の海岸の洞窟で、黄金色の観音像を背負った大亀を見つけ、その観音像を安置するため、この山中に七堂伽藍を建立したことからきていると言われています。

 頂上にある展望台は1994年に隈研吾氏の設計で作られました。以前にも展望公園がありましたが、現在の展望台を作る際に、元の自然な地形に戻そうという指針で設計が行われ、周囲の景観に悪影響を与えないように、半地下に埋もれるようなデザインになっています。この展望台はJCD賞文化公共施設部門最優秀賞などの受賞歴があります。

 燧灘、来島海峡、芸予諸島、今治市街から四国中央市、石鎚連峰、天気がよければはるか瀬戸大橋まで見渡すことができます。また、しまなみ海道を代表する夕日の名所であり、アマチュアカメラマンが大勢集まります。


最上階の展望台

来島海峡を望む

展望台の構造

今治市大浜から見た亀老山

吉海地区中心部を望む

展望台

カレイ山展望公園


展望台から見た能島

 カレイ山は大島の北部にある標高232mの山です。頂上付近には展望公園やキャンプ場があり、桜が多く、春はお花見をする人々でにぎわいます。

 展望台からは伯方・大島大橋、能島村上水軍の水軍城があった能島や鶏小島、宮窪漁港が一望できます。能島周辺の潮流は時間帯によってはまるで川のようで、波音を立てて潮が流れていく様子がよくわかります。背後には大島石の石切り場があり、急斜面の道路を登るダンプカーやショベルカーの作業を見ることもできます。

 展望台へ向かう道は大島石を満載したダンプカーの通行が多く道が傷みやすいので、ところどころに穴が空いていることがあります。ダンプカーの交通量も多いので、車、自転車とも通行には注意が必要です。展望台は駐車場から10分ほど歩いたところにあります。


展望台

宮窪瀬戸を望む

鶏小島が正面に見える

伯方・大島大橋


施設名 亀老山展望公園
カレイ山展望公園
カテゴリ 見学・観光
エリア 大島
住所 亀老山展望公園
愛媛県今治市吉海町名
カレイ山展望公園
愛媛県今治市宮窪町宮窪6355-2
電話 -
料金 駐車場 無料
見学時間 24時間可
交通

亀老山展望公園
下田水港から約5km

車で約5分
自転車で約30分
カレイ山展望公園
宮窪港から約4km
車で約5分
自転車で約30分

亀老山展望公園
Loading...
カレイ山展望公園
Loading...
Snapshot

(亀老山)亀のオブジェ

(亀老山)コンサートも行われた

(亀老山)展望台内部

(亀老山)駐車場

(カレイ山)石切り場

取材日:2014年12月10日 | Top > どこに行く> 愛媛側島嶼部 > 亀老山とカレイ山


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部