ホテル菊水今治

宿泊 今治

今治を見つめてきたホテル


ホテルより望む今治港と来島海峡

 ホテル菊水今治の「水」は、ホテルを経営している菊川さんの「川」が水繋がりということで名付けられました。創業は大正時代よりも昔という老舗です。公的な資料によると大正時代には営業していたことは分かっていますが、それ以前から営業していたのではと思っているそうです。

 ホテルは昔から今治港のすぐそばにあります。今治は、鉄道の開通が遅く、長距離移動は船を中心にしたものでした。鉄道開通前の今治港は、近隣の島嶼部はもちろん、大阪、高松、松山などにも航路があり、当時の港は行き交う人々で大賑わいで、旅館を利用する人々も多かったでしょう。明治時代から多くのお客さんを迎えていても不思議ではありません。

利用者視点の設備と客室


ツイン・トリプルルーム

 客室数は56室。全客室に、深めのユニットバスを完備しており、ゆっくりと旅の疲れを取ることができます。和室以外の客室には、空気清浄機が設置されており、花粉の季節にも快適に滞在できます。なお、和室にはイグサの香りを楽しんで欲しいので、あえて設置していないそうなのでご注意ください。

 洋室に備え付けのデスクは特注で、17インチのノートパソコンを快適に使えるように広々とした奥行きになっています。このデスクに設置された22型の液晶テレビはノートパソコンに接続することもでき、快適に仕事ができるように細かな心配りがあります。ホテル内には無料の無線LANが完備されていて、客室には有線LANも備え付けられています。

 セミダブルルームは広さが14.5平方メートルあり、シングルスースも可能。セミダブルベッドを設置しているのでゆったり休むことができます。白を基調とした清潔なお部屋で、窓からは今治城や瀬戸内海を一望でき、夜景を楽しむこともできますよ。ツイン・トリプルルームは24平方メートルで、全室にソファが備え付けてあります。トリプルルームとして使用する時には、ベッドになります。コンパクトシングルルームは12平方メートル。お手軽に宿泊したい方向けとなっています。こちらには、備え付けの冷蔵庫がないので注意してください。広々とした和室も用意されています。

 またどの客室にも自転車を持ち込むことができるようになっていて、サイクリストにうれしいサービスです。


セミダブルルーム(シングルユース可)

和室

洋室のデスク

アメニティ
 

見た目は同じでも違う料理を出したい


夜御膳「月コース」

 来島海峡の幸を存分に楽しめる料理もこのホテルの特徴です。気軽に楽しめる夜御膳の「月」と「華」。もっと様々な素材を楽しみたい方には来島水軍懐石やサザエ懐石などの懐石コースもあります。

 来島海峡は日本三大急潮のひとつで、そこで育った鯛は特に有名です。ホテルでは地元の漁師が捕った鯛をひと手間かけた上、調理しています。「来島鯛といっても様々ですが、私どものホテルでは、鯛の身のストレスをなくす事により、ただ捕れたての魚より一層美味しく味わえるよう、見た目は同じでも違う料理を出したい」と語る社長。今治ならではの料理を楽しんでもらうために、料理長と社長の細やかな気配りが行き届いています。

 夜御膳「華」のメニューである来島鯛かぶと蒸焼は、来島鯛のうまみをぎゅっと凝縮して引き出した料理。酒と塩だけで調理したとは思えない、今治でも滅多に食べられない味わいです。夜御膳「月」の鯛かぶと煮は料理長がその時捕れた鯛の状態を確認してから甘焚仕立か潮仕立かを分けています。甘焚仕立の醤油を使った煮汁はカドがなく、まろやかで、魚のうま味を助けるだけの絶品です。鯛釜飯も工夫を重ね、ほくほくした炊き上がりとオコゲができるように釜や調味料をひと工夫。できあがるちょっと前にふたをずらして2mmぐらい隙間を空けるとより美味しくなるそうですよ。サザエ懐石のサザエ壺焼は他にはないくらいの厚切り。こちらもひと工程ひと工夫することにより、柔らかい身とその食感を実現。官能的でもあります。

 魚介類だけでなく、せんざんきも身の中まで味が染み渡り、醤油のこげた香りが食欲をそそります。せんざんきは今治の地元料理で、鶏の唐揚げの一種です。赤出しは味噌の香り濃厚でありながら、上品ですっきりした後口。お酒の後にぴったりです。

 こだわり抜いた料理は、若い人にも大人気。SNSなどの口コミで「ここの料理美味しい!」との情報が広がっているそうです。


来島鯛釜飯

来島鯛かぶと陶板焼

サザエ壺焼

せんざんき

来島鯛釜飯・・夜御膳「月」「華」と「サザエ懐石」の一品です。
来島鯛かぶと陶板焼・・夜御膳「華」の一品です。
サザエ壺焼・・「サザエ懐石」の一品です。
せんざんき・・夜御膳「華」と「サザエ懐石」での一品です。
(※せんざんきは季節によっては別のメニューになることがあります)



施設名 ホテル菊水今治
カテゴリ 宿泊
エリア 今治
住所 愛媛県今治市中浜町1丁目2-5
電話 0898-23-3330
料金 宿泊料金は公式HPでご確認ください。
営業時間 チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
交通

JR今治駅から約1km
車で約5分 自転車で約10分

予約

必ず予約してください

WEB

公式HP

施設提供写真の二次利用はお断りします。

主なアメニティと設備

客室

テレビ/無料WiFi/無料有線LAN/無音冷蔵庫/空気清浄機(洋室)/氷入り冷水/お茶セット/ポット/リセッシュ/浴衣

浴室 タオル/バスタオル/シャンプー/リンス/ソープ/フェイスソープ/バスタブ/温水洗浄便座/ドライヤー/カミソリ/ハミガキセット/薬用ハーブ入浴剤
その他

コインランドリー/アイロンセットとズボンプレッサー(フロントにて貸し出し)

レストラン 1階/宴会場あり
客室数

セミダブル 40室
ツイン・トリプル 5室
和室 9室
コンパクトシングル 2室

Loading...
インタビュー
社長 菊川堅吾さん
社長 菊川堅吾さん

 ホテル菊水今治では【安全・快適・機能的な】ご宿泊を戴けるようお客様の旅の目的に合わせ皆様のお役に立てるサービスを提供致します。Wifiサービス、花粉の多い時期にも安心な空気清浄分解機の設置、大切なMY自転車をお部屋へ持込みOKのサービス。お食事面では来島海峡の海の幸。お手軽な価格帯で皆様ひとりひとりに向かい合えるよう今後も努力致して皆様をお待ち致しております。

Snapshot

フロント

浴室

コンパクトシングルルーム

ロビーにはマッサージチェアも

さざえと鯛のお造り

朝食(和食セット)

レストラン

無料のレンタサイクルもあります

取材日:2015年2月5日 | Top > どこに行く> 愛媛側陸地部 > ホテル菊水今治


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部