タオル美術館ICHIHIRO

観光・見学 買い物 グルメ 今治

タオルデザインの到着点


外観

 1971年創業の一広株式会社は、タオルの世界的な生産地である今治では比較的若い会社です。今治タオルは中国産などの安いタオルに押されて長い間苦境に立たされてきましたが、一広では、高い性能と優れたデザインを備えた日用品としてのタオルの開発を行い、成長を続けてきました。

 タオルのデザイン性を高めるために大勢のアーティストやデザイナーとコラボし、そうした努力の結晶として2000年4月にタオル美術館をオープンさせました。ここは世界でも類を見ないタオルがテーマの美術館で、展示ゾーンではタオルの製造実演も見ることができます。そればかりではなく、本格中華料理レストラン、カフェ、欧風庭園、ショッピングエリアなど、長時間滞在できるアミューズメント施設になっています。

広大な展示ゾーン


工場を見るための双眼鏡もある

  展示ゾーン(有料スペース)は4階に入口があります。内部に入ると、まず目に入るのが、タオルの製造実演コーナー。実際に使われているマシンを使って、タオルの製造工程を分かりやすく展示しています。また、隣接するタオル工場の一部も見ることができます。

 5階に上がるとまず特別展示場があります。ここでは「ムーミンの世界展」が開催されています。その奧にあるのはアツコ マタノ タオルアートコレクション。展示ゾーンでも大きな面積を占める、タオル美術館のメイン展示です。さらに進むと企画展の会場があります。企画展は不定期に開催されますが、取材当日はジュディ・オング「木版画の世界展」が開催されていました。

 展示ゾーンを全てゆっくり見て回ると、1時間以上かかります。また、入場は閉館30分前までなのでご注意ください。


タオル製造の実演

タオル製造の実演

チーズ巻糸の壁

アツコ マタノ タオルアートコレクション

アツコ マタノ タオルアートコレクション

企画展会場

楽しさ全開のショッピングゾーン


アツコ マタノ ギャラリー

 タオル美術館のショッピングゾーンは、地元の人もよく買いにくる、品揃え豊富なタオルをはじめ、近隣エリアの物産や、ブランド雑貨など販売されています。アツコ マタノ ギャラリーやミュージアムショップもありますよ。2階の瀬戸内物産コーナーでは愛媛や香川の特産品などが販売されています。遠くから観光で訪れた方は、ここで近隣エリアのお土産をまとめて買うことができますよ。1階にはミュージアム マルシェがあり、フォションやエディアールの産品が販売されています。


オーガニックコットンのタオル

今治タオル

フルフィーコットンのタオル

アウトレットコーナー

瀬戸内物産コーナー

ミュージアム マルシェ

充実の飲食


王府井の店内

 欧風庭園には一軒家の中国料理レストラン「王府井」があります。中国料理の重鎮、増井亮総料理長がプロデュースする本格中華料理を手ごろな値段で楽しめます。

 欧風庭園に面したガーデンカフェは、展示ゾーン入口のすぐ脇にあります。南欧をイメージさせるオープンテラスもあり、ランチ、軽食、スイーツ、各種ドリンクが提供されています。

 本館1階にあるミュージアムカフェは、オリジナルのスイーツが充実。モーニングメニューやランチメニューもあります。

 いずれのレストランやカフェも、美術館併設とは思えない本格派。地元のリピーターが多いのも頷けます。しなまみ旅行の際は、ここでランチやディナーというスケジュールを組み立ててはいかがでしょう。


王府井

ガーデンカフェ

ミュージアムカフェ

欧風庭園


施設名 タオル美術館ICHIHIRO
カテゴリ 観光・見学・買い物・グルメ
エリア 今治
住所 愛媛県今治市朝倉上甲2930
電話 0898-56-1515
料金 展示ゾーン
大人 800円
中高生 600円
小学生 400円
駐車場 無料
※上記は取材時の価格です。
営業時間

9:30-18:00
年中無休

レストラン・カフェは別途
詳細は公式HPを参照してください。

交通 JR今治駅から約13km
車で約20分
自転車で約1時間
WEB 公式HP
Loading...
インタビュー
企画スタッフ 越智陽子さん
学芸員 藤本誉博さん

 タオル美術館ICHIHIROは、世界でも稀なタオルをテーマにした美術館です。展示ゾーンだけでなく、レストラン、カフェ、ショップ、庭園などがあります。交通は不便なところにありますが、ぜひ足をお運びください。

Snapshot

展示ゾーン プロムナード

チケット売り場

カラーコーディネート

タオル売り場

タオルの朝倉ロール

食べられる朝倉ロール

取材日:2014年11月20日 | Top > どこに行く > 愛媛側陸地部 > タオル美術館ICHIHIRO


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部